取材:広島市立大学 国際学部
  3年 吉川 絵美

今回私は、西風新都内にある広島市立大学の寮に住む女子学生を取材しました。

取材に答えてくれたのは、市大国際学部1年の森山優さんです。寮生活の様子や西風新都のお気に入りの場所などについて話を聞きました。

Q.まず、なぜ寮を選んだの?

A.母の勧めです。大分県出身なので広島の土地勘も無いし、一人暮らしだと、友達も出来るか不安なのでそれも踏まえた上で寮にしました。

Q.寮に入って良かったことは?

A.とにかくテストの時に良い!というのも、休んでいたときのノートなどみんなで見せ合って勉強出来るからです。風邪をひいた時などは、その子にご飯を作ってあげたりして助け合っています。そしてなんと言っても寂しくないです。

Q.また、逆に不便なことや困ったことはある?

A.寮の周りに何も無いのが少し困ります。車や原付バイクがないと移動がしにくく、いわゆる華の大学生活を謳歌するには少し不便な所です。

Q.休みの日はどうやって過ごしている?

寮の友達とピザパーティでのひとこま

A.アルバイトをしています。私はアストラムライン沿いまで出ていますが、コッリーナなど寮の近くでバイトをしている子もいます。雨の日はたいてい友達の部屋へ遊びに行きます。休みの日に限らず、一日に一回は隣の扉をノックしますよ。

Q.市大の寮に入ろうと思っている人にひとこと!

A.寮は、通学には最適な所。寮に入ってないと出来ない友達もいるので、入って損はありません!

Q.寮に関するエピソードを教えて!

A.ある時、ムカデが友達の部屋に出たのですが、みんなが集まって井戸端会議みたいになって…(笑)それがともてもおもしろくて印象に残っています。
 

Q.では、西風新都について少しお尋ねしたいと思います!
  西風新都内のお気に入りの場所は?

A.いつも買い物に行っているのはマックスバリューのあたりで、そこにある本屋でもよく立ち読みをしています。ゆったりできるんで・・・(笑)

寮の様子

Q.大学周辺の西風新都をどう思いますか?

A.すごくテクニカルな未来都市って感じで好きです。ただせっかく大学(市大・修大)がある
のにあまり大学生が遊べないので、もっと大学生も地域と一緒になってわいわいできると
いいなぁ・・・

Q.将来ここに住んでみたいと思いますか?

A.はい、落ち着いていい場所だと思います。もっと便利になればなおいいですね。

■ ■ ■

どうやら、寮には一人暮らしにはない魅力があるみたいですね。現代の生活から忘れ去られてきている、人と人との助け合いや絆がここにはあるのかもしれません。フレンドリーで笑顔がかわいい森山さん、これからも西風新都で有意義な大学生活を送ってほしいと思います。

☆寮情報☆
キャンパスの南にある学生寮は、定員96名。新入学生は男女各24人の入寮が可能です。もちろん冷暖房完備の個室で、寮費は5,900円(光熱水費は別途実費)。通常、食事は大学の学生食堂を利用しますが、補食室で簡単な調理はできます。なお、学生寮に入居できる期間は最長2年です。